川崎大師 菊花展

園長です。
川崎大師で開かれている菊花展を観に行ってきました。毎年恒例です。
さすがに幼児には「菊を鑑賞する」のは渋すぎますが、「そういう文化もあるんだな〜」くらいの経験になっていてほしいと思っています。
出発前
d0245035_11581380.jpg

年長さんと年少さんが手をつないで歩きます。年少さん、嬉しそう。年長さん、誇らしげ。
異年齢交流の良さですね。
d0245035_11583346.jpg


川崎大師到着。
幼稚園から約1.2km。しっかり歩けました。
端っこを歩き、道を渡るときは手を上げて。ほかのおうちのもの、自動販売機、お店の商品には触らないというお約束も守っていました。
d0245035_11584347.jpg

お線香を備える場所(献香所)で、「良くなりたいところ」にお線香の煙を当てます。
殆どのお子さんが「頭」でした(笑)
d0245035_12003957.jpg
本堂でお参り。
担任の先生が代表してお賽銭を入れ、みんなで手を合わせます。
柏手(かしわで)をうつ子もいました。お寺では柏手を打たずに静かに手を合わせるのですが、でも「柏手を打つ」ことを知っているのも素晴らしい。

d0245035_12005648.jpg
d0245035_12011383.jpg

メインの菊花展。
まあ興味はありません(汗)でも「観たことがある」というだけで良い経験です。
一部、ジオラマ(?)もあり、これには興味津々でした。
今回は厳島神社、七五三、山村が出品されていました。
d0245035_12012861.jpg
d0245035_12014491.jpg

池にかかる橋を渡って、鯉や鴨を見ました。
私が子供の頃はザリガニ釣りができましたが、危険なので柵などで整備されました。
すると、飼いきれなくなったカメを放す人が増え、池じゅうカメだらけ、水も汚れ放題になり、今はかめや生き物を投棄できなくしました。
かもの足が見えるほど澄んだ水!

d0245035_12020525.jpg
d0245035_12023452.jpg
d0245035_12024471.jpg

いろいろな経験ができました。

  • 頑張って最後まで歩く
  • 歩ききった達成感
  • 交通ルールを守る
  • 社会的なエチケット、マナーを知る
  • お寺での作法を(少し)知る
  • 植物を丹精込めて育てる文化を知る
  • 水の生物(鯉や鴨)の美しさ、可愛らしさを知る
暖かい、お散歩日和でした。
赤とんぼが飛んでいました。

d0245035_12024878.jpg



引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://kfutaba.exblog.jp/27863108