炊飯器との別れに泣く【小学3年生】

【小3】

img024

いろんなものとの「別れ」をとても惜しむところがある。
遊ばなくなったオモチャ、不要になった学校の書類……
あるいは習い事を続けるかどうかなど。

どうするか聞くと、ほぼ100%「とっておく!」「続ける!」と答える。

本当にとっておきたい(続けたい)と言うより、何かと別れることに、センチメンタルな気持ちを抱くようだ。

1211956

トモママが「こういうことを続けるとゴミ屋敷になるよ?」と言い聞かせたりするうち、たとえば学校のテストのプリント(もう要らないヤツ)なんかは「捨てていいよ」と言うようになりましたが……。

707594







先日は、トモママがテレビショッピングで注文した新しい炊飯器が配達されるところに立ち会い、

新しい炊飯器に興味津々

……まではよかったのだが、古い炊飯器が下取りに出されることを知ると、

ギャン泣き!

677020

「まだ使えるのに!」「いろいろ思い出が詰まってるのに~!!」となかなか聞き分けないのを、
「古い炊飯器も、使える部品がまた使われたりして、その命は受け継がれていくのだ……」みたいなことを諭し、
(ホンマにそうなのかはよう知らんけど)

「新しい炊飯器に名前をつけて、これから一緒に思い出を作っていこう?」と提案すると、
これまでのは平成の思い出が籠っており、新しいのは令和時代の思い出が込められていく……ということで、

「令和ちゃん2号」

と名づけていました。
(古い炊飯器が「1号」らしい)

IMG_0446







にほんブログ村 子育てブログ 超未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://www.tyoumijukujitomokun.com/archives/5678884.html