発達障害の診断を受けた時のこと

私は18歳の頃、自ら一人でクリニックへ出向き
診察&テストを受け、発達障害(アスペルガー)の診断を受けました。
http://yamiiku.blog.jp/archives/11927569.html
↑発達障害だと知った日(過去記事)

その時の詳細をもう少し書こうと思いました。
あs1
あsp33
あすぺr5
あすおー
もう内容はほとんど忘れてしまったのですが…(^^;)

ただ臨床心理士さん(だったか?)が気にしていたのは、
テスト中の、私の様子でした。
とても落ち着きがなく、変なところで笑っていたりしていたと
言われた気がします。

診断を受け、その帰り道の河川敷っぽいところで座り、
あsp
障害のない人は、(健常者という言葉を知らなかった)
もっと違う風に世の中が見えているのかな?
と思ったのを覚えています。

実際アスペの感覚過敏や、統合失調症での物の見え方などは、
そうでない人とはまるで違った世界だと思います…。

そのうち、保険証を使ったので母親にバレ、話しましたが
あまり理解してはもらえなかったです。

その後就職しましたが、診断は受けていたものの
サポート的なものは一切受けていなかったので…
かなりつまづきました。

継続して、相談できるような場所があったらまた
違ったのかなぁなんて思いますが。。

診断は受けてたけど…診断受けてすぐ、私が見てるのは障害者の景色なんだ、とか書いてるけど、
ほんとうに自分を障害者だと認めてはいなかったんだと思います。
色々と挫折し、手帳を取るまでは。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://yamiiku.blog.jp/archives/33303788.html