人気子育てブログや子育てに役立つ情報満載のまとめサイトです
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 子育て »
  • 我が家の行き過ぎた食欲の秋。80個の餃子と、満腹中枢を刺激するための、細やかな抵抗。

我が家の行き過ぎた食欲の秋。80個の餃子と、満腹中枢を刺激するための、細やかな抵抗。

我が家の行き過ぎた食欲の秋。80個の餃子と、満腹中枢を刺激するための、細やかな抵抗。

我が家の行き過ぎた食欲の秋。80個の餃子と、満腹中枢を刺激するための、細やかな抵抗。

我が家の行き過ぎた食欲の秋。80個の餃子と、満腹中枢を刺激するための、細やかな抵抗。のタイトル画像

食べない悩みもそれなりにあったはずなんだけど、気がついたらこのありさまです。秋って罪深い。

秋が深まって、子どもたちの食欲がすごい。

爆発している。

大食漢の夫のDNAを受け継いで、そもそもうちの子どもたちは食欲が旺盛気味なのだけれど、朝夕が冷え込んで、秋が深まり冬が近づくこの頃、その食欲が暴走している。

先週末のことだった。

休日のお昼ごはんを何にしようか、と思案しているところへ、末っ子(2歳)が待ちきれずにぐずりだした。まだ11時だというのに。

眠たさも手伝って、少々ややこしい。

「ちゅるちゅる食べたいの―――!!!」

と台所で叫ぶ。

冷蔵庫を見渡したら、あった。お鍋のしめ用の煮込みラーメン(2人分)があった。

「今つくるからね!」と鍋に湯を沸かして、適当に切った野菜やら肉やらと一緒に麺を煮込む。

匂いにつられて、お腹が空く息子(5歳)。コンロの周りを小さい二人がうろうろする。

即席めんをつくる速さでなんとかこしらえて、ふたりに提供した。

光の速さで麺を吸い込む姿に、恐ろしささえ感じた。

さて、我が家にはまだふたりの食欲モンスターがいるのを、忘れてはいけない。

長女(7歳)と、ラスボス夫(40歳)だ。

冷蔵庫に豚ひき肉と厚揚げがあるのを見て、よし、麻婆(揚)豆腐だ、と心に決めた。

ざっと刻んでざっと炒めて、ざっと味付けをして、ごはんにかける。

「お待たせ、召し上がれ!」という頃には息子が麺を吸い終えて、「それも食べる」と言う。

そうかそうか、と給仕して、さあどうぞ、と言う頃には、長女がもう「お代わり!」と元気に発声している。ちゃんと噛んだ……?

そのはざまに「牛乳飲みたい!」とか「お水飲みたい!」とかに、答えているうちに、気づけば炊飯器の中には、小鳥の餌ほどしかごはんが残っていなかった。

いったいどういうこと。

私まだ何も食べていない。

みんな大変元気で、すがすがしい食欲なのは素晴らしいのだけれど、いかんせんつくる人はひとりなわけで、つまり追い付かないのだ。

直径26cmのお鍋に、あふれんばっかりのシチューを作ったとする。

一食でぺろりだ。

もちろん飲むように食べないよう、噛み応えのある副菜を用意することも忘れない。

例えば、きんぴら蓮根とか、そういうのだ。合間に時間を稼ぐおかずが必要という不便。

さらに、少し苦手な食材のおかずも忘れてはいけない。ほうれん草のソテーとかそういうもの。ちょっと食べるのに躊躇したり、減らしたいと母に交渉を試みるくらいの時間稼ぎが生まれる。少しでも完食までの時間を稼ぐことによって、満腹中枢への刺激を期待するのだ。

さらに、シチューのルーを使わない、という配慮も必要になる。

これは、私がルーを使わないお料理上手なお母さんパフォーマンスではなくて、市販のルーってやつはおいしすぎるのだ。めちゃくちゃおいしいのだ。

市販のルーなんて使ったら、我が家のお鍋では、賄いきれないくらいの量を食べるのが、目に見えている。恐ろしすぎて買えない。

配慮と手間が、私のキャパシティのぎりぎりラインだ。

シチューよりさらに恐ろしいのが、餃子だ。

息子と末っ子の大好物が、餃子なのだ。

「今日の夕飯はなににしようかしら」とつぶやけば、かなりの高確率で「餃子」と返ってくる。10回中8回くらいは「餃子」だ。

そんなにリクエストされたら、つくらないわけにはいかないし、私にもそれなりの母性があるから、つくってあげたい気持ちもある。

が、ハードルが高い。

みんなの大好物(夫と長女はほとんどの食べ物が好物)ともなれば、その量をつくるのは、気が遠くなるような作業なのだ。

聞いてください、我が家の場合、みんなが血で血を洗う闘いをしないためには、だいたい80個の餃子がいる。5人家族、ひとりは2歳だというのに、この数字おかしくないですか。

彼らが食べ盛りの中高生になったら、餃子は幻の食べ物になるんではないだろうか。家庭内絶滅危惧がすごい。

毎回心を無にして、ひたすら包む。隣で2歳とか5歳が変形餃子をこしらえていても、気にしない、ただ包む。皮が尽きるまで、ただ包むのだ。

血で血を洗わないために、ただひたすらに包むのだ。

餃子に関してはこの量と手間だから、シチューほど、副菜に気を配ることもできない。サラダとスープがせいぜいだ。

せっせと餃子を口に運ぶ子どもたちと、餃子の残量を見比べながら、白米を積極的に勧めて、なんとか餃子の減りを食い止めるくらいしかできない。

なんとか満腹中枢に満腹が届くまでに、餃子が尽き果てないことを祈りながら、白米をひたすら勧めている。

さて、話を週末に戻そう。

私だって人並みにお腹が空くのに、炊飯器の中には申し訳程度のごはんしか残っていない。それをかっさらえて、麻婆をかけてさらりと食べた。

当然、それっぽっちでお腹は満たされないから、何かないかしらと、冷蔵庫やパントリーを探りに探って、クラッカーを見つけた。

昨夜の残り(と言っても手のひらくらい)のミネストローネを、冷蔵庫から見つけて、クラッカーにのせて食べた。

なかなかおいしくて、2枚目も食べる。

そうだ頂き物のポークリエットがあったんだった、それも飛び切りのやつ。と、それを乗せてもう1枚。お腹は少しもの足りないけれど、おいしくて満たされそうだわ、と思った矢先、夫が隣でにこにこと立っていた。

顔が「それおいしそうだね」と言っている。「少し分けて」と言っている。

思わず絶句して、夫の顔をじっと見てしまった。

「わ、たし、ごはんもなくて、これしかなくて…」と言いよどんだら、夫はまたも顔面だけで「なんで分かったの!?!」と狼狽して「そんなつもりじゃ!」と今度は声に出して慌てていた。生粋の食い意地を見た。

夫をなんとか追い払ったら、今度は長女がふらりと現れて、にこにこしながら「それ食べたい」と言った。

なんだか、そうだよね、と諦めたい気持ちになって、最後の1枚を長女にあげた。

「わぁ!おいしい!」とかわいらしく喜ぶ長女をみて、「そうでしょ、ママのお友達がくれたんだよ」なんて言いながら、そうかこれが食欲の秋だよね、と思ったのだ。

余談だけれど、長女は今、ミサンガを腕につけていて、ぷつんと切れて願い事が叶うのを、それはそれは楽しみにしている。

なにをお願いしたんだろう、と気になって聞いたのだけど、その答えが「トマトが100個食べられますように」だった。

叶うといいと心から思っている。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
ハネ サエ.の画像

ハネ サエ.

成分のほとんどは3児のおかあさん。

おかあさん以外のときは取材をしたりエッセイを書いたりしています。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://conobie.jp/article/14705


育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © みんなの子育てブログまとめサイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.