すぐにできる偏食カバーの裏技! 食いしん坊も偏食ちゃんも満足のメニューをご紹介します【猫の手貸して~育児絵日記~ Vol.7】

ウーマンエキサイトをご覧のみなさん、こんにちは! ぴなぱと申します。
今回は、偏食とスープのお話。
え、スープ?地味…と思わず最後までご覧いただければ幸いです。

我が家の長女・こまちゃんは今より小さかった頃、結構な偏食で特に野菜は嫌いなものが多く、食べさせるのに苦労しました。

基本的に食べるものはごはんと豆腐や納豆などの大豆製品ばかり。おかずは食べてくれないことが多く、果物もみかん・いちご・ぶどう・バナナ以外手を付けない子でした。
少しでも野菜を食べてほしい、いろいろな食材をバランスよく摂ってほしいと思いいろんな調理法を試しましたが、なかなかうまくいかず。

そんな時、強い味方になってくれたのがスープでした。

偏食のこまちゃんもスープ類は大好きで、おかずは食べなくてもスープはおかわりすることもよくありました。
そんな大好きなスープに入っていれば、苦手な野菜を少しでも食べてくれるかも…食べなくても野菜のエキスが溶け出したスープを飲めば、全く食べないよりいくらかマシかも…という思いで、我が家は具沢山なスープを毎日作るようになりました。

定番はお味噌汁。お豆腐と葉野菜の組み合わせが多いですが、一番いろんな食材を入れられるので豚汁もよくつくります。

ほうれん草や小松菜は他の料理では全く食べませんでしたが、お味噌汁に入れたらきれいに食べてくれるようになりました。同じ葉物野菜ではキャベツやレタスもよく入れます。お豆腐の他にネギやワカメや油揚げを足すこともあります。

おかずに合わせてコンソメスープや中華スープにすることも。

ポトフのようにいろんな食材を入れることもありますし、玉ねぎ・ワカメ・コーン・卵のスープなんかもよく作ります。
なぜか根菜はお味噌汁では食べてくれずコンソメスープなら食べてくれたので、じゃがいもやにんじんもよく入れます。今は好きですがかつては肉類もあまり食べなかったので、ソーセージやベーコンを入れることも多かったです。
栄養価が高いと聞いたので、夏になるとモロヘイヤのスープもよく作ります。

年少さんになったくらいから偏食もかなり改善されたこまちゃんですが、今でも調理法によって食べてくれないおかずは多いので、具沢山スープは継続しています。
偏食なこまちゃんのために始めたスープですが、思いがけずこちらの人にも有効でした。

次女まめちゃんはこまちゃんと違って好きな食べ物は野菜ばかり!そしてとってもよく食べる!

おかずでも野菜はできるだけ使うようにしていますが、他の家族のために揚げ物や肉料理を用意した日はそれらが苦手なまめちゃんには量的にちょっと物足りないことも。
そんな時はスープの具をいつもよりさらに多めに入れて作り、まめちゃんには汁あり状態で一杯、その後おかわりとして汁なし状態の野菜をあげています。

偏食なこまちゃんから始まり、野菜好きなまめちゃんにも使える具沢山スープ、我が家にとってなくてはならない存在です。
(ぴなぱ)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9186033