重症化の恐れも…! 0歳6ヶ月の息子が「RSウィルス」で入院した話【今日もゆる育児日和 Vol.10】

ウーマンエキサイトをご覧のみなさま、こんにちは。中川マナです。
10月に一時帰国したとき、普段のセブに比べて空気が乾燥していることを感じました。これから寒くなっていくにつれ、風邪が流行りはじめますよね。

今回は息子が生後6ヶ月のときにRSウイルスにかかってしまったときのお話です。

■娘の保育園で流行る「RSウイルス」にヒヤヒヤ

当時、息子0才6ヶ月。娘は3才になったばかり。私たちはまだ日本にいて、娘は保育園に通っていました。ちょうど11月頃だったのですが、保育園のお知らせ欄にはRSウイルスの感染者が出ているという張り紙が。

気がかりではあるものの、息子を連れての毎日のお迎え。鼻水の出ている子や、咳をしている子を見かけると神経質になりましたが、予防以外にはできることがなく…。

そんなある日、娘が風邪をひきました。

ドキッとしましたが、微熱程度で、1日お休みしたら回復。

よかった~、と安心して保育園に送り出した翌週、息子が発熱します。

娘の回復後、しばらくして息子が初めての発熱…!

■気をつけていたものの、やっぱり感染…
かかりつけの病院に連れて行くと、診察で呼吸を聞いたのちすぐ検査をしてくれました。風邪かな…?と思ったけれど診断結果は「RSウイルス」

「0才児でRSウイルスにかかると重症化しやすいので、入院も視野に入れて様子を見ましょう」という先生の言葉にショックを受けつつ、その日は病院で吸入を行い薬を処方されて帰宅します。

先生から「この月齢は急変することがあって、呼吸器のことは命に関わるから」と連日連れてくるよう言われ、毎日診察に行きました。

次の日にはレンタル吸入器を渡され、朝夕に自宅での吸入を指示されました。

30分の吸入は嫌がられて無理すぎる~!!

小型の吸入器は勢いがないため処置に時間がかかり…、嫌がられてまいりました。

■目の不自由な夫と3才の娘を残し…息子入院

息子はもともと穏やかな赤ちゃんで、RSウイルスにかかってもさほどグズることはありませんでした。

しかし、次第に胸とお腹が大きく上下するような呼吸になり…。

息子の呼吸が苦しそうになり、入院へ…

RSウイルスと言われて3日目、ついにかかりつけの先生に「紹介状を書くのですぐ入院の準備をしてください」と言われてしまいました。

夫は目が不自由で、娘は3才になったばかり。実は9月に娘が1週間ほど入院して、そのとき本当に大変だったので、できれば入院は避けたかったのですが…。

■看護師さんの姿と穏やかな息子に励まされた入院生活
病棟の看護婦さんに「あら、今度は赤ちゃんが?」と声をかけられ「また入院になってしまった」と実感が湧いて改めてショック。

この前娘が入院したばっかりなのに…

案内されたベッドは転落防止のために檻のような柵がついています。

娘の入院時もそうだったし、安全のためなのですが、この中に入っていないといけない我が子が可哀想で泣けてきます。

そんな中、何が救いだったかというと、看護師さんたちの奮闘する姿と、変わらず穏やかな息子。

「お母さんも休めてる~?」と言ってくれる看護師さん天使!
看護師さんの気遣い、プロフェッショナルな仕事ぶりに励まされ、勇気づけられました。

息子はというと、1日数回吸入する必要があったのですが、グズることもなく自分で吸入器を口に当ててくれました。

赤ちゃんだし最後までずっと持っていてくれるわけではないのですが、その姿を見る度にこちらが励まされました。

■多くの人に支えられていると感じた、今回の入院
上の子の入院のときもそうでしたが、近隣に頼れる親族のいない我が家にとっては、パパがたよりです。

夫の会社はフレックスタイムを導入しており、会社の中でも特に柔軟な働きかたを目指す部署だったのでこういうことが起きても上司を始めチームの人からの理解があり、恵まれていたと思います。

パパは目が不自由とはいえ、都会なので食事の買い物などには困ることはありませんでした。スーパーの買い物では3才の娘が活躍してくれたそう。

パパは娘とともにタクシーに乗って必要なものを持って病院を訪れ、私が娘と話している間は、病室に行って息子を抱っこして話しかけてくれました。

0歳児入院で感じたことは、多方面からのサポートに支えられたということ

そんな風にパパが私たち家族をサポートできたのも、パパの職場の人たちの理解や、会社の環境があったからこそ。

ほかにも保育園の先生が「パパのお迎えが多少遅れる場合は協力できることもあるので、教えて下さいね」と言ってくれたり、友達が娘と夫のために手作りのご飯を持ってきてくれたり、たくさんの人にも支えてもらっていると感じました。

また、調べたものの都合がつかず使いませんでしたが、緊急の場合は入園していない子どもも保育園で預かってもらえるサービス、夜間を通じて預かり可能なサービスなど、いろいろな仕組みがあると知る良い機会にもなりました。

息子の入院で、母としてしっかりしなきゃと1人で不安を感じていましたが、多方面から支えられていると感じることができ、無事に乗り切ることができました。

■現在の息子の様子は…
4日間の入院ののち、息子は無事退院。現在の息子はというと…。

0歳でRSウィルスにかかると、後々、呼吸器にトラブルを抱えやすくなるそうで、息子も風邪のたびに気管支炎を起こしがちですが、年齢を重ねるにつれ、丈夫になっている印象です!

ひょうきん4才児として育ち、セブの人たちからは「ファニーボーイ!」と呼ばれ可愛がられています。

それではまた次回!
(中川マナ)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9184279